夜にしっぽり聴きたいおすすめのチル曲Part.2

夜にしっぽり聴きたいおすすめのチル曲Part.2

 

Jade-My Violet My Blue

2017年デビューの韓国の女性シンガー。甘い歌声がとても癒される一曲で最近ずっと聴いています。

 

Charlie Burg-Title Guide to the Talkies

こちらも落ち着く一曲。少し古臭い感じがすごくいいんです。

 

NaNa Ou-Yang-The Best For You

台湾出身のアーティスト。透き通るような歌声が特徴的でとてもヒーリングになります。

 

Rebecca Mardal-High Ain’t Worth the Low(Ft.Jeremy Passion)

こちらも夜にっぴたりの一曲。

 

moon tang-Get Lost

香港出身のアーティスト。優しい歌声がとても落ち着きます。

 

Handsome Ghost-Sunday Beat

独特な世界観に引き込まれそうになる一曲。頭の中を真っ白にして心と体を落ち着かせてくれる曲です。

 

George-all day

2016年デビューの韓国のシンガー。髪型が特徴的ですね(≧∀≦)ちなみにこちらご本人です。

 

Milky Day-Green Line

韓国出身のシンガー。とても落ち着く一曲です。

 

大橋トリオ-If Ain’t Got You

Alicia Keysのカバー曲。原曲と同じくらいいいです。

 

Bernard Dinata-Breeze

インドネシア出身のシンガー。この曲は私がとても大好きな曲です。

 

Anthony Lazaro-Strangers in Disguise

歌はフランス語?ですがイタリアのシンガーソングライター。こういうジャズっぽいのも夜聴くと雰囲気出ておすすめです。

 

Tatiana Manaois-By Your Side

少し都会の夜って感じの歌でこの曲も落ち着きます。

 

D’Angelo-Brown Suger

1995年に発売されたデビューシングル。ちなみにタイトルのBrownSugerは、隠語でマリファナという意味らしいです。こういうなつかしいい感じのソウルミュージックも好きです。

 

The Neighbourhood-Pretty Boy

こちらは発売されてばかりの最新曲。こちらも大好きなバンド。独特な世界観のオルタナロックでとっても良いです。

 

コメント