“OD”でなくなった人気ラッパーたち

“OD”で亡くなった人気ラッパーたち

 

MacMiller

アメリカペンシルバニア州出身のラッパー。2018年9月7日ロサンゼルスの自宅で死亡が確認された。(享年26歳)死因は薬物の過剰摂取による薬物中毒と確認された。

代表作

2011年リリースのアルバム『Blue Slide Park』

このアルバムで異例のBillboardTOP200で一位に輝き大成功のデビュー作となった。

 

2013年フューチャリングとして参加したArianaGrandeの『TheWay』

この曲でヒップホップを聴かない人々にマックの知名度が広がるように。

 

2013年6月リリースの2ndアルバム『Watching Movies With the Sound Off』

このアルバムで全米Billboard200初登場3位を記録した。

 

遺作となったアルバム『Swimming』

このアルバムの制作にはマック自信とDev hynes、J.Coleなどが参加しました。またUSBillboard200で3位にランクイン、2019年に最優秀ラップアルバム賞でグラミー賞を受賞しました。

 

 

Lil Peep

アメリカペルシルバニア州出身のラッパー、シンガーソングライター。2017年ツアーバスの中で仮眠をとっていたところ、そのまま薬物の過剰摂取で息を引き取った。(享年21歳)彼はうつ病や薬の使用など感性的な歌詞と一緒にユニークなラップスタイルとプロデューシングに注目を受け『エモヒップホップ』の先駆者と呼ばれました。

代表作

SoundCloudにアップロードした最初のミックステープ『Lil Peep Part One

このミックステープは最初の1週間で4000回再生された。

この曲は2億回再生される人気曲となりました。

 

 

Juice World

 

アメリカイリノイ州シカゴ出身のラッパー兼シンガーソングライター。2019年12月シカゴミッドウェイ国際空港で心肺停止に陥り、病院に搬送されたが亡くなった。(享年21歳)原因は薬物過剰摂取によるもの。

2015年からSoundCloudで音楽活動を開始。感性的な歌詞と愛についての歌詞が多く、聞くひとを心地いい気分にする音色で人気を集めていました。

 

代表作

2017年6月リリースしたEP『999』の「Lucid Dreams」

この曲で新人アーティストにして全米シングルチャート2位まで上りつめR&B、HIPHOPチャートでは堂々の1位に。

 

2018年5月リリースのデビューアルバム『Goodbye&Good Riddance』

このアルバムは全米アルバムチャート4位にランクインした。

 

2019年リリースの2ndアルバム『Death Race For love』

このアルバムは全米アルバムチャート初登場1位を記録し、アメリカで50万枚の売り上げを達成しゴールデンディスク認定を受けた。

コメント